AGA治療薬 フィンペシア

AGA治療薬「フィンペシア」は薄毛や抜け毛に改善効果が期待できるAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。国内でも処方されているAGA治療薬として評価が高い「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

AGA(男性型脱毛症)治療薬「フィンペシア」商品概要

フサフサオヤジ

名前:フサフサオヤジ 年齢:50代
50を過ぎたあたりから抜け毛が気になりだし、頭頂部のボリューム感が無くなってきてペタンとしたヘアスタイルになってしまい、悩んでおりました。
ネットで調べた情報をもとに「フィンペシア」をネット通販で購入して試してみたところ、10日くらいで抜け毛が気にならなくなり、半年後くらいにはフサフサ感が甦ってきました。
特に副作用などは感じられず、現在は三日か四日に1錠服用するペースですが、30代頃のフサフサ感を維持できております。

「フィンペシア」は、AGA治療薬として処方される「プロペシア」のジェネリック医薬品です。
服用を続けることでヘアサイクルを正常に整え、薄毛や抜け毛に改善効果が期待できます。
「プロペシア」同様の効果があり、比較的安価な金額で購入できます。
また、従来の「フィンペシア」に使用されていた着色料(キノリンイエロー)を使用していません。

有効成分である「フィナステリド」は、毛髪の成長を妨げるホルモンに作用し薄毛・脱毛を改善、これまで細く短かった毛髪を太く長い毛髪へと成長させる効果があります。
また、発毛効果があるミノキシジル商品との併用も推奨されています。
併用することで脱毛抑制と発毛促進が同時にできるため、より高い効果が期待できます。

また「フィンペシア」の有効成分「フィナステリド」は、薄毛の進行を止めるだけではなく、発毛効果もあります。
日本国内の臨床試験において、半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%と発毛効果があったと証明されました。
「フィンペシア」の主成分「フィナステリド」は、薄毛の原因である男性ホルモンを抑え、抜け毛の予防だけではなく、生えてきた毛を強い毛髪に変えていきます。また生え際や前髪どちらにも有効とされています。

 

 

「フィンペシア」の効果

「フィンペシア」の主成分である「フィナステリド」は、AGA(男性型脱毛症)の原因物質となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制させる作用があります。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのテストステロンが5-α還元酵素と結びつくことによって生成されます。

「フィナステリド」はこの5-α還元酵素の2型の働きを抑え、DHTの発生を減少させることで髪の生え変わり周期を正常に導きます。

この作用により、毛髪の成長サイクルの乱れを改善させ、脱毛の進行を遅らせるだけでなく、発毛を促す効果も期待できます。


効果・効能
AGA(男性型脱毛症)の進行抑制
「フィンペシア」の有効成分である「フィナステリド」は、AGAの原因である男性ホルモン(DHT)を抑制させる作用があります。
この作用により、毛髪の成長サイクルの乱れを改善させ、AGAの進行遅延、発毛効果が望めます。

効果発現の目安
「フィンペシア」の服用を継続的に続けることで、早い方で3ヵ月で効果を感じる事ができますが、通常は6か月続けることにより効果が実感できます。
AGA治療は長期的なものになるので、服用を続けることをおすすめします。
 

 

「フィンペシア」と「ミノキシジル」の併用

「ミノキシトップタブレット」は有効成分「ミノキシジル」を含む育毛・発毛のための内服薬です。
有効成分「ミノキシジル」が頭皮の血行を促進させることで発毛を助けます。
「ミノキシジル」外用薬よりも高い効果と即効性があるとされています。

「フィンペシア」は「ミノキシジル」成分配合の治療薬と併用することで、より効果的にAGA治療をすることができます。
「フィンペシア」の有効成分「フィナステリド」は、毛髪サイクルを正常にすることで薄毛の進行を抑制します。

「フィナステリド」に加え、発毛効果に特化した成分「ミノキシジル」が含まれた医薬品「ミノキシトップタブレット」を同時に使用することで、より効果的にAGA治療をすることが可能となります。
この処方は、日本国内の医師も推奨しているAGA治療となります。